妊娠中の胎児を守る|つわりが辛いなら病院に相談しよう

医者

妊活に欠かせない栄養素

医者

葉酸は水溶性ビタミンの一種で、身体の中で新しい細胞を作り出すのに重要な役割を果たしています。そのため妊娠中の女性にあっては、赤ちゃんの健やかな成長を促すため通常の2倍程度の摂取が望ましいとされています。

Read More

胎児を守るために

過ごし方について見直しておくことが大切です。妊娠中の疑問を解消するためにここから情報を集めておこう。

妊娠したら気を付ける事

お腹

妊娠したら自分一人の身体ではなく、お腹の中で我が子の命を守らなければなりません。妊娠中には気を付けるべきことがいくつかあります。まずは最低限の事なのですが、飲酒や喫煙をしていた人は絶対に辞めましょう。アルコールとニコチンは確実に胎児に悪影響を及ぼします。中には飲酒と喫煙を続けていたけれども、問題なく出産出来た人もいます。しかしそれは、その人たちがたまたま大丈夫だっただけなのです。婦人科のデータによると、飲酒と喫煙は早産のリスクも早めてしまいます。また妊娠初期の場合には、胎児の細胞分裂に異常を引き起こしてしまうこともあります。妊娠前から辞めるのが一番ですが、妊娠が分かってから辞めるのも遅くありません。そのためほとんどの婦人科で、飲酒と喫煙は絶対に控えることを推進しています。

つわり

妊娠中にほとんどの人がつわりを経験します。何をしていても気持ちが悪くて吐き気が治まらないパターンが多いのですが、中には食べていないと気持ち悪くなってしまうような食べづわりもあります。食べづわりの場合には食べていないと気持ち悪いので、食べ過ぎてしまい急激に体重増加してしまうことがあります。もともと痩せ型の人なら、12キロ程度増加しても問題はありません。というのも婦人科では、妊娠中に関しては普通体型ならば10キロ前後、肥満体型の方は6キロ以内に体重増加を収めるように近年では指導しています。逆に吐きすぎて体重が急激に減少してしまう場合も危険です。中にはつわりが酷くて入院する人もいます。妊娠中点滴で栄養を取らなければ胎児に危険が及ぶこともあるので、つわりが酷い場合は病院へ相談したほうが良いでしょう。

妊娠中の食事とは

夫婦

妊婦さんは、自身と胎児のために必要な栄養をバランスよく摂取する必要があります。しかし体調によっては家事が出来ない場合もあり、日ごろの食事で必要な栄養を全部とることも簡単ではありません。そこでサプリメントの力を借りたり、婦人科に相談するなどしてアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

Read More

妊娠と診療

医師

何かと不安の多い臨月の時期には、産婦人科が人気を得ます。胎児や子宮の状態が観察できることが、産婦人科診療の大きなメリットです。骨盤を広げるトレーニングなどを行うと、出産にも役立ち臨月も楽に乗り切れるようになります。

Read More

Copyright ©2015妊娠中の胎児を守る|つわりが辛いなら病院に相談しよう all reserved.